一番あった中学校を目指そう!
お問合せ
学校を検索
神戸女学院
神戸女学院に関するQ & A (yahoo恵袋より引用)
Q
A
鉄緑会や駿台・河合に入る時期によるのではないでしょうか。必ずしも中学から塾に通うのではなく、大学受験に関しては、付属の大学がない多くの中高一貫校では、高校になったら予備校などを検討するのは公立の場合と同じだと思います。ただ、カリキュラムが早く進んでいるから早い段階で志望校を決められるとか、予備校の受講に関してもラクという面はあると思います。 そもそも鉄緑などは、最難関の学校の生徒でないと入れない塾としても難関という塾なので、そこに在籍している生徒が難関校に通っているのは当然とも思えます。 それ以下のレベルの学校では、物理的に学習量を増やすために毎日の課題が大量に出されたりして、中学の間は塾に「時間的に通えない」場合もあります。また、私立である程度の成績を取っていれば、中学で塾に通う必要がないのは本当だと思います。高校以降はまた違うと思いますが・・・。
Q
A
有名ですよ。関西に住まない私でも知っています。 35年以上前に中学受験をしたとき、テキストに(神戸女学院)と書いてある問題がたくさんありましたし、学校ランク表(今の偏差値表のようなもの)の女子の一番上にありましたもの。 関西のお嬢様が通う学校で、授業料も高いと聞きました。 進学実績を一切表に出さないのでも有名です。
Q
A
私も、去年中学受験をしました。 質問者さんと同じく、スカートが無理で私服の学校を受験したのですが、落ちてしまいました。 今は、制服がある併願校に通っています。 最初はスカートに抵抗がありましたが、最近は慣れてきてしまいました。 第一志望に落ちた時は、夜にずっと泣いて、涙を出し切ったら、少しスッキリしてしまいました。自分の気持ちを素直に出してしまえば、案外スッキリします。 公立に行くという選択肢もありますが、せっかく勉強してきたのに、もったいない気がします。せっかく受かったのだから、そこでのスクールライフを楽しんでみてもいいと思います。
Q
A
どうしてその学校に行きたいのか・・・をまずお子さんに聞いてみることじゃないでしょうか。たとえば、制服が好きとか、学校訪問の時の先輩が優しそうだったかもしれませんし、お子さんがどこまで将来とか学校の雰囲気などを理解してその学校を第一志望と考えているのかは聞いてみないとわかりません。その上で同じような条件の学校で親も許容できるようなところを勧めてみたらどうでしょうか。 ただし、今の段階での志望校が必ずしも受験直前の志望校というわけではないですよね。1年間で成績がどう変わるのかは誰にもわかりません。一応お子さんの行きたい学校を第一志望としたままやっていって、受験直前にもう一回考え直せばいいんじゃないでしょうか。お子さん自身にも「偏差値が高いところに行きたい」という気持ちが出てくるかもしれません。模試でも1校だけじゃなくて、5・6校は名前をあげると思うので、今後の結果次第ではその範囲内ではどこを受験してもいい、第一志望校でなくてもという気持ちにはなるんじゃないかと思います。
Q
A
友人のお嬢様は新5年生からでも通塾してSに合格されました。 だからと言って簡単とは言えません。 夏の講習では上から2つ目のクラスだったし、 成績もそんなに悪くないし、習い事も続けたがっているから 急がなくても大丈夫かな?とその時は思われたのかもしれないですが 我が子が通っていた塾では、受験に必要な面積図などの問題は 夏休み以降のカリキュラムになっていました。 勿論夏休み前でも、和差算や数列や規則性などは習っていましたが どちらかと言うと図形や計算問題が多かったです。 通われようとしている塾のカリキュラムによると思いますが 夏の講習と冬の講習を同じように考えない方がいいと思います。 基礎的な勉強はされているとの事ですが ご希望されているような学校を目指されているようなお子様は 早ければ小2、小3くらいから通塾されていることも多いです。 そして小4でしたら、少なくとも週に90分の授業を算数だけでも2コマ、 国、理、社(希望者だけ)を各1コマを受け宿題をしています。 そんな子供たちに追いつかなくていけないのですから 正直言って大変です。 特に小5になると問題のレベルが上がってきますから その問題を消化しつつ、追いつくのは並み大抵の努力では ありません。 私の友人は、お嬢様がお風呂に入る時はお嬢様が余りの眠たさに浴槽で 寝てしまうのを防止するために、ドアの外で立っていたと言っていました。 普通、寝てしまっても顔に水がつかったら目が覚めるとおもいますが 眠すぎて目が覚めずにおぼれてしまうんじゃないかと 心配したからだそうです。 それほど、勉強して合格されました。 妹は同じ苦労はさせたくないと小3から入塾させています。 Sは目指されているコースによって、偏差値も変わってきますが Rを書かれていることを思うと新小5からの入塾なら それくらいする覚悟がいると思います。 後4ヶ月くらい、大した差がないと言えばそうですけど 新5年からの入塾なら通塾期間は丸2年。 その6分の1の期間の差がついてしまいます。 よく考えられた方がいいです。 ただ、お嬢様がまだ通塾したくないとおっしゃっているなら 無理は禁物だと思います。 勉強するのはお嬢様ですから、お嬢様が一番納得される 時期での入塾がいいと思います。
Q
A
こんばんは。 私立中学を受験する子たちの家庭教師のみで生計を立てている者です。 まずこういう模試に関して心の隅に留めておいていただきたいのは、 「今後復習する単元を把握する」 ということなんですね。 なので、模試の結果がよくても合格するという保証はどこにもありませんし、模試の結果がそんなに芳しくなくても志望校対策をしっかりやって合格したという子は、自分が受け持った子の中でも数多くいます。 またこの時期の模試はまだ試験範囲がはっきりしていることが多いので、それに向けてしっかりやれた子は必然的に模試の結果もよくなってきます。なので、まだ志望校判定で一喜一憂することはないと思います。 娘さんが諦めずに頑張っている限りは、後ろでそっと応援してあげて下さい。 お母さんがやることがあるとすれば、浜の先生に神戸女学院に合格するために押さえておくべき単元を聞いておきましょう。 来年「サクラサク」ことを、遠く名古屋から応援しています。
Q
A
合格割合 卒業生数 合計 東大 京大 59.1 220 130 100 30 灘 ------------------------------- 40.9 215 88 30 58 東大寺学園 38.8 201 78 24 54 甲陽学院 37.0 208 77 19 58 大阪星光学院 33.8 219 74 12 62 洛星 29.9 314 94 22 72 西大和学園 ------------------------------- 20.7 324 67 07 60 北野 20.4 504 103 24 79 洛南 20.2 248 50 08 42 堀川 18,5 189 35 15 20 広島学院 18.4 174 32 04 28 六甲 17.7 181 32 13 19 白陵 17.1 297 51 05 46 清風南海 16.0 324 52 24 28 旭丘 ------------------------------- 13.9 418 58 24 34 東海 13.7 358 49 02 47 天王寺 10.6 435 46 03 43 膳所 灘が別格 次点に東大寺甲陽 3番手に星光西大和洛南洛星(洛南はスポーツ推薦があるため学年全体としては微妙だが、上位コースだけならこのレベル) 以上7校を関西最難関7校と呼んだりもします(実績偏差値とも他の高校と一線を画す) また神戸女学院・四天王寺は女子の関西2大名門女子校というかんじです レベルは星光西大和と同等かちょっと下ぐらいです さらにその次に上記の高校に準ずる(といってもかなりの差だが) 白陵、六甲、清風南海、高槻等が並びます(この4校だと高槻は低めだけど、あまり差はない)
Q
A
娘が神戸女学院に通学しております。噂どおり本当に自由な校風(私服、携帯OK,菓子類OK,通学帰路の立ち寄りOK)、大学並みの施設で娘は学校生活を楽しんでおります。他の進学校と違って休暇も多く、学校側があまり勉強、勉強と言いませんし、成績も順位等張り出される事もありませんので、子供たち同士、ライバル意識等なく、伸び伸びとされている感じを受けます。(かといって、いまどきの派手な生徒さんはいないようです) ただ、大学受験指導等は一切してくれませんので、(殆どのお子様が大学は外に出ます)、志望職業や難関国立大学を目指されている方は中学生の時期から通塾していらっしゃる方が多いようです。学校の授業はハイレベルですが、英語の場合、教科書はなく、ネイティブ英語ですので、学校の授業だけですと受験を考えると文法に弱いかもしれません。(神女の英語で卒業の頃には一通りの英会話はできるようになっているそうです)回りか見たらおかしいと思われるかもしれませんが、神女を選ばれた保護者様の多くは、最初からダブルスクールは覚悟の上で、子供に中高6ヵ年の間に一生お付き合いできるお友達をつくる、最高の環境を・・・と考えられたようです。 四天王寺に関しては友人の受け売りでしかありませんが、学校全体が塾のようで、毎年成績優秀者が表彰され、記念品が授与されるようです。学校側は6年後の大学進学に向けて、丁寧な指導をされているようで、少なくとも中学の間は学校の勉強をきちんとこなすだけで、基礎はできるとの事です。ただ、行きたいコースを希望しても成績によってのクラス替えですし、成績がわかるだけに仲の良かった友人とだんだん疎遠になってしまうから難しい・・・と友人は話していました。 洛南中学も考えておりましたので、説明会に行きましたが、男尊女卑の考えが言葉の端々に感じられ、選択肢から外す事にしました。同様の学校(元々男子校で一部女子を受け入れ共学化)が兵庫県の西部にありますが、塾の先生がおっしゃるには、『洛南はそちらの学校をモデルにしており、女子は入学当初から勤勉なのでサボりがちの男子の刺激剤になればという考えなので、高校で成績が伸び悩む女子生徒だけに男子より成績の悪い女子は入学させる意味がない』との事でした。神女コースの中には『男子と対等に勝負してこそ、将来やっていける、京大に実績もあるし』と洛南校に志望変更された方もいらっしゃいました。 塾外生でも大丈夫な入試説明会等ございます。裏の話を聞くこともできますし、早めに文化祭、学校の入試説明会に行かれるとよくわかりますよ。基本的に親御様が大学実績?環境?など、学校生活に何を求めるかで、選ぶ基準がかわってくるかと思いますが、最後はお嬢様の行きたい学校を選ばれるのが一番だと思います。
Q
A
神戸女学院は、進学を目指して行くところじゃありません。学校は進学のための指導をしてくれないので、生徒は、塾や、予備校に行って、進学の実績を上げているだけです。進学を目指すのであれば、洛南や四天王寺に行きます。募集人数も違っていて、洛南の合格者数は63名、女学院は153名ですから、単純に比較は難しいとも思います。ただ女学院は大学入試で出れなかった生徒は、女学院の大學では、外部から入ってきた生徒と交流をあまり持たずに固まっているということもあるそうです。女学院の大學は入りやすいので、大学を目指すのであればあまりお勧めはできません。元塾長より。
Q
A
二番目の回答に同じです。結局は何を取るかになってしまいます。どちらもかなりの学習指導になります。それはご存じのことですし、またそうでなければ今後開催される説明会をぜひ活用されてください。 私は、入試の合格基準はスタートラインの違いだと思います。当然高ければ、その高さに見合った結果を出していかなければ社会の評価にはつながらないでしょう。当然(になってしまいますが)私立は結果勝負ですから、いかに希望する進路に進ませることができるか、になります。どの道をどのように目指すかになります。 どちらの学校の学習指導は高く評価できます。学校を信頼して充分にやっていけます。ある意味で進学を重視し、学校を生活の中心とするならば、どの学校も似たような内容となってしまいます。特に近年は、塾・予備校を合わせた(まず体力的・時間的にキツい)桐蔭のパターンの学校が増えています。でないと、入試を乗り越えて合格した意味がないです。だから、どちらが自分にどれだけあっているかどうかです。
Q
A
とりあえずトップ3を。 灘>>>筑駒>開成 普通の日本人全員が納得。
Q
A
神戸女学院は私服ですよ。 阪神間の女子校を挙げますね。 偏差値高めの学校となると個人的に非高校募集校が多いような気がします。 ・小林聖心女子学院(宝塚市・付属小学校あり・高校募集&食堂なし) 東京聖心の姉妹校。英語学習に力が入っており、高校で英語でディベートする授業がある。 アットホームなお嬢様学校という感じで、他校の生徒とはあまり交流がないようです。クラブではなぎなた部が有名。 転校する場合転校先の場所に姉妹校がある場合編入の便宜を図ってくれるようです。 ・神戸海星女子学院(神戸市・付属小学校あり・高校募集&食堂なし) 上の聖心と雰囲気が似ており、こちらもアットホームで英語教育に力が入っている学校。 名門お嬢様進学校で付属大学へ進学する子は一桁(それか0)。 中学3年でフランス語を選択するようになっています。こちらもあまり他校と交流がなく学校の宣伝もほとんどしないという有様。 (去年の宣伝のパンフレットも聖心・海星ともにわず3・4ページだけ) ・甲南女子(神戸市・付属小学校あり・高校募集なし) こちらも英語教育に力が入っている学校。上の2つと違ってここは在学中に留学が出来ます。 財閥が建てた学校であるものの通っている子はお金持ち~一般家庭まで様々。 政治家・小池百合子氏の母校として知られており、自身も2005年に来校。 校歌が2つあり1つは自分たちで作詞するなど、結構活発で夏休みだけ学校には私服で通うことが出来る。 ・松蔭(神戸市・付属小学校なし・高校募集なし) 校舎は海星の隣。チャレンジプログラムという課外活動が有名。衣替えの季節になると必ず新聞に取り上げられる学校。 この中ではもっとも自由な校風で数学・英語は習熟度別で授業をしています。活発度もダントツ。 姉妹・従姉妹で通学、祖母・母が卒業生という生徒が多いです。学校のコンセプトとしては「自立した女性を育てる」いう感じです。隠れたコーラスの名門校でイタリアで行われた世界大会で優勝経験あり。 ・親和(神戸市・付属小学校なし・高校募集なし) 女優・藤原紀香,お笑い芸人クワバタオハラのオハラ(メガネをかけていない方),尼崎市長・白井文氏の母校として有名。 ここは理数系に強い学校で唯一キリスト教ではありません。(その代わり仏教系行事があり) 海星と同じで付属大学に進む子は一桁(または0)。 上に挙げた学校はゴールデンウィークに学園祭を行う所が多いです。 その前にがhttp://www.shoin-jhs.ac.jp/entrance/090416goudousetsumeikai.pdf あるので一度いってみてはいかがでしょうか。 あくまで個人的な印象ですがまとめると アットホーム度 聖心&海星→松蔭→甲南女子→親和 活発度 松蔭→甲南女子&親和→海星&聖心 自由な校風度 松蔭→甲南女子→親和→聖心&海星 外部アピール度 松蔭→甲南女子→親和→聖心&海星 外部大学進学度 海星&親和→甲南女子&聖心&松蔭
Q
A
今、自分が在校生なので(中三)、世間っていうかんじではないですが(汗。ていうかなぜに中学だけ?高校もたいして変わんないじゃん。まぁ、いいけど。 中学に入った当初はみんな頭がよくて賢いんですが、入ってからはすぐ塾に入って大学のためにバリバリ勉強する人と、ぜーんぜんしない人がいますよね。わたしはしない人のほうなんですが。 お嬢様学校ていうのはある意味あたってますね。両親が医者とか、大学教授の家もあるし、お抱え運転手のいる家もあるし。でも、生徒は全然お嬢様な感じはしませんね。みんな騒ぎまくってるし。男子なんかがいてなくても動物園状態だし笑。 あとみんなが活発的ってわけじゃないですよね。さめてる人もいるし。まぁ、全員、現実的なことしか考えてないけど。 あと、2次元、2.5次元、3次元にはまる人にわかれてるかな。2は漫画(ジャンプ系)、2.5は芸能人、3は現実の人。 あっ忘れてた。みんなプライドが高い。
Q
A
現在大阪女学院中学2年生です。 進学率は良く分かりません。確か半分くらいの方はそのまま短大に行くのだと聞いて気がします。(アバウトでごめんなさいっ) 校風はですね。凄く自由ですよ。スカート丈や鞄、靴等も大した決まり事はありません 大学生の方も居るので、図書館等は中学生が使うにしては立派です。 最低限のけじめをつければ過ごしやすいかと思います。 生徒の雰囲気はですね。 上の学年になればなるほど皆さん豪快というかあけすけというかです。 部活等によって違いはありますが、刺々しくは無い筈です
Q
A
いくら私立と言えど、合格のために寄付金を要求するということは ないと思いますよ。 ましてや神戸女学院。とても経営が苦しいとは思いませんが・・。 こうした考えは手術の時医師に渡す心づけにもつながると思いますが、 嫌じゃありませんか? 「あの時お金を払っていれば、命は助かったのかもしれないのに・・」 とか 「あの時お金を払っていれば合格できたのに・・」 お金で決めるな!と私は思いますが。
Q
A
むかしのイメージです。 今は偏差値の高い女子校ですが、昭和の時代は経済的に余裕のある家庭の子しか中学受験はしませんでした。 特に、神戸女学院は阪神間の裕福な家庭の子が進学する学校として有名で、10年一貫教育で中高大と神戸女学院出身と言うのがステイタスでした。 もっとむかしは女性は教育を受ける機会がない時代でした。 キリスト教主義の神戸女学院が創立した頃、女性で小学校以上の学校に進学できるのは本当に恵まれた家庭の子しかいなかったのです。 そういう時代の頃のイメージがずっと続いているのです。 昭和の時代は阪神間の老舗のお店や企業、開業医のご子息のお嫁さん候補には神戸女学院出身のお嬢さんを希望する方が多く、同窓会のめぐみ会の世話役さんがお見合いのお世話をなさっていました。 (いまでもお見合いのお世話をされていると聞いています) 有名な企業、医師、弁護士などの奥様に神戸女学院出身の方が多いですよ。 中高は女学院で大学は国立大や医学部進学が増え始めたのは、今から20年位前からです。 その頃からは完全に偏差値の高い女子校のイメージに変わってしまい、学校も10年一貫教育を諦めたようです。 今は中高と大学は別物になってしまいましたね。 大学は公立高校出身の学生さんが多くなったと聞いています。 これも時代の流れですね。
Q
A
年度によりますが、国語は毎年かなりの問題数があります。 算数の問題形式は答えと解き方を書かせるタイプです。 全体的に難易度はかなり高いです。 理科が去年から難しくなっています。
Q
A
須磨学は塾要らず面倒見の良い学校で有名です。 ただし、面倒見がいいということはある意味、管理教育であるということです。 放課後補習や夏休み返上での授業などに抵抗がなければ合うと思います。 白陵は以前はスパルタで有名でしたが、最近は通塾している方も結構いますよ。 学校説明会に参加し、学校の方針などよく聞かれたほうがいいでしょう。
Q
A
進学実績を見ると桜蔭、神戸女学院、女子学院、豊島岡、フェリスでしょうね。 南山女子や四天王寺は足元にも及ばず....って感じですね。 四天王寺なんて生徒数多いのに大学実績たいしたことないと思いません?怠ける生徒が多いからでしょう。
Q
A
神戸女学院高校からの大学進学実績については、全て塾と生徒の自主性によるもの。学力養成を主目的にしていないから、わざわざ進学先の数字を出さないという学校のメッセージだよ。学力養成の点で、うちの学校を選ばないでください。宗教教育と情操教育を提供します。それだけですということです。 というだけならおもしろくないので、とりあえず例年の概算を。 東京5~10、京都30人前後、大阪30人前後。こんなところ。 東大京大阪大国立医学部に学年の半数ぐらいかな。
Q
A
漏電ですよ。たぶんね
Q
A
先の方がおっしゃってるのは、大阪の帝塚山学院のことだと思います。 奈良の帝塚山中学校と神戸女学院が同じ偏差値71ですか? それは、どこの情報でしょうか? どちらが高い偏差値と言えば、神戸女学院です。 帝塚山中学校は、学校見学に行ったことがありますが、コースが三つに別れていたと思います。 なので偏差値は、42~58くらいだったと思います。 この差は、コースによって偏差値が違います。 神戸女学院が、65くらいだったかな? 曖昧ですが、同じではないと知って頂きたかったので。
Q
A
二校を志望されているのであれば、神戸女学院に大きな実績のある浜学園がお勧めです。 小学校6年になって、志望校別特訓が始まると希学園のカバンを持った生徒さんも多数目にしますから受験ノウハウと実績に裏打ちされた志望者の非常に多い浜学園の中でお嬢様の順位など確認できていいですよ。 一方、須磨学園への実績でも日能研と二分していますので浜学園で十分対応できると思います。 先ずは、入塾されてクラス分けがあります。 順に H → S → V と難しいクラスになっていて小6の時点で Vクラスまで上がれそうかどうか様子を見てください。 そして、小6になれば、お嬢様の中でほぼ第一志望校が確定しているでしょうから、難関女子コースの中からどのコースが合っているか見極める必要があります。 小6の週末は、西宮北口の本校まで通うことになり、・・特訓と名前の付くものをすべて取るような雰囲気になります。 がしかし、あくまで浜学園の企画なので、消化不良になりそうならば欲張らずに自分のペースで受講した方がいいです。 参考になれば幸いです。
Q
A
大阪に住んでいました。 (結婚して愛知県に在住していますが。) やはり、お嬢のイメージは大きいですね。 でも、プラス頭がいいというイメージも兼ね備えています。 女学院は中学受験を経験した人にはわかりますが、 すごく偏差値が高いです。 これは、伝統があり校風がよいこと、大学進学率が素晴らしいこと が原因していると思われます。 これは、過去の先輩方が作り上げてきた賜物。 いいことだと思います。 誇りに思ってよいですよね・・・ 私立の中高へ通っていたイコール金持ちというイメージは ほかの中高一貫の私立にも当てはまります。 (私も他の女子校に行っていましたが、大学は内部進学ではなく受験して 他大学へ行きました。私も大学時代よく言われましたよ・・・) 言わせておけばいいと思います。普通のご家庭もいっぱいありましたよね。 「親に感謝してるのよ。」って、軽くかわせばいいんじゃないですか? そう思われたくない気持ち、よくわかります。 お高くとまった雰囲気にならないように注意した態度をとること。 (特に、男子がいなかったため、慣れていませんよね。緊張ますが、にこやかな対応を心掛けて・・・) あと、周りに負けないくらい頑張って、いい成績で卒業したらいいんじゃないでしょうか? お嬢の底力、見せてあげましょうよ!!
Q
A
結論から言うと人間どこで化けるかわかりません。 ですが地頭がある程度必要か・・・ というより、考えてみようとかやってみようという姿勢は絶対的に必要ですよね。 私は現役の大学生で、中高は私立の中高一貫校に通いました。 さすがに灘、東大寺のレベルではありませんでしたが、 それでも両親は大卒ではないし、自分を客観視できるかわかりません。 あと小学校1年生で足し算すらできない子供が中学受験で受かることができるか!? →できると思います!!
Q
A
むかしはお嬢様学校のイメージが強かったですですが、今はサラリーマン家庭のお子さんも多いですよ。 サラリーマンと言っても、私学に通わせるだけの余裕のある家庭であることには違いはないです。
Q
A
神戸女学院は97年度まで合格実績を公表しておりました。 しかし、入学難易度の割に進学実績がしょぼいためか、塾などからのクレームが学校に殺到したため理事長が呆れ果て、公表をやめたのです。 あそこは元は大学つきのエスカレーター校でずば抜けた進学指導を学校は行いません。 東大にはごく数名、京大せいぜい20名前後ぐらいで甲陽などと比べると低い実績でした 有名な出身者大橋未歩アナウンサー(神戸市長田区)ぐらいかな。 彼女は浪人して上智ですが 実は私の一つ先輩でもあります。
Q
A
塾からもらった「経験者の声」にありましたが 保護者は集合場所と同じ講堂で待機でき 食堂も11時から利用できるようになっていたようです。 講堂内は受験番号順に座席指定となっていましたが 校外に出ることも可能で、子どもが受験教室に移動すると すぐに外出する人が多かったようですよ。 講堂内の照明は暗めで座席も狭く 荷物は極力コンパクトにまとめると良いとのこと。 なお、講堂内での飲食は一切禁止されています。 試験終了後は子どもは教室で解散し、一斉に講堂に戻ります。 保護者は講堂の前で待つように言われており 講堂前が大変な騒ぎとなるので 待ち合わせ場所を決めておくと良さそうです。 もうすぐですね。頑張って下さい。
Q
A
私立中学1年生です。 えっと、まずそれはお子様のお気持ちなのでしょうか? それとも、お母様のお気持ちなのでしょうか? 受験ってほんとうにやる気とかいると思うんです。 それに、質問者様が出している志望校はそうとう難しいですよね? もし、お子様がそこを受けたいといっているのなら 私は四天王寺のほうが桜陰に似ていると思うのでそちらをお勧めします。 でも、それが質問者様だけの意思だとしたら、まずはその意思をきちんとお子様に話してあげてください。 それから、お子様が決めればいいと思います。 それと、絶対に女子校へ行かせるんでしょうか? 女子校はやっぱりきついですよね; 女しかいないという面でメリットも十分ありますでしょう。 でも、デメリットも共学より多く出てしまいがちです。 やはり、お子様に決めさせてあげて欲しいですね>< *補足についての補足です* すごいです!!お子様はそんなに賢いのですか^^; 四谷大塚は学年レベルですよね?50位なら、現時点では3年での内容は理解できているということですね* まぁ、それだけで合格できるということはないのですが、お子様の勉強への意欲はあるほうだと思えます。 1つ思ったのですが神戸女学院・四天王寺中はどちらも大学までついていますよね? 大学までエスカレーター式でのぼらすという事でしょうか? 自分的にはあまりおすすめしませんが、お子様がそういっているなら私の意見は無視してください(スミマセン) 神戸女学院は関西で1といわれる女子校とききました。もちろん、四天王寺も1・2を争うと思います。 かしこさは、どちらも同じくらいだと思うのであとは学校の雰囲気ですね* 四天王寺は仏教の中学校です。お寺の横にあるので和なかんじですね 逆に神戸女学院はキリスト教徒なのかはわかりませんが校舎が外国風といいますかね? キリストを信仰してますって感じですよね^^ どちらがいいか、そこら辺で決めてはどうでしょうか? 学校見学を1度してみてはいかがでしょうか?
Q
A
星光よりは下です。 レベルでいえば洛南や白陵と同じくらいです。 六甲よりは上です
Q
A
神戸女学院から 例年 東大に10人前後 京大に10人前後 阪大に20人前後 神戸大に15人前後 合格していると噂されています 生徒数からすればかなりの進学校と言えるでしょう 入試偏差値も70前後とかなり高いです
Q
A
どこの学校もそれぞれ個性があり、良い環境の学校だと思います。うちは、上の娘はたまたま親子共行きたい、行かせたい学校が一致していたので何ら問題はありませんでした。ですが、入ってから親のほうがこんなはずではなかったと思った経験があります。学校が進学に熱心ではなかったのです。娘は自由な校風の中でなじんでしまい幸せな6年間だったと思います。下は、姉の学校を落ちたので他に行きましたが、そちらは親としてはあまり行かせたくない学校でした。娘もあまり関心はなかったようです。でも、入って見てから、親子共満足する学校だと思いました。今高校2年ですが娘も楽しく学校に行っていますし、それなりに自由な面と厳しい面を持っているけれど生徒の意思を尊重してくれる学校で、進学にも熱心ですから満足しています。 結論として、どこへ行かれるにしてもそれぞれ伝統もあり実績もある学校ですから、どこへ行かれても満足できると思います。娘さんの意思を尊重することがモチベーションを保つのに一番いいように思います。偏差値では測れない魅力がそれぞれの学校にあることを実感した経験でアドバイスさせていただきます。
Q
A
神戸女学院、四天王寺、須磨学園、京都女子、帝塚山といった順番だと思います。
Q
A
噂では神戸女学院は 例年、東大、京大、慶大、早大に 20人前後(1/7は東大、京大、慶大、早大へ) は進学していると言われています この結果は 偏差値70有りますし妥当だと思います
Q
A
神戸女学院は、入学金や授業料等、他大学と比較すると高いのは事実です。おそらく1回生は160万くらいで2回からは130万くらいです。これとは別に在学生ですと、寄付金が別にありまして毎年1口10万円からだったと思います。しかし、これは任意のものですので強制ではありませんでした。音楽学部はトータルで最低1,000万円や、衣装、レッスン代がかかり、一般家庭ではとても通わすことが難しいですが。10年前の話ですが、統計によると神戸女学院に通っている親御さんの年収の平均が1000万円以上だというデータがありました。裕福な家庭の子女の割合が高いのは否定できませんが、奨学金など利用している人もおりましたよ。そうであるからといって、いじめとか卑劣なことを受けることはありません。
Q
A
小学校低学年の塾、灘中や神戸女学院に行く子のセオリーの塾は、「しょうがく社」です。須磨からでしたら芦屋にあります。あと上本町と京都。毎週土曜なので皆さん遠方から通塾しています。三年生までの塾で、ここに通うと四年生からの大手塾はトップクラスに入れます。 しかしもう一年生ですよね。しょうがく社については、もう間に合わないかも知れません。今は2、3年生の範囲まで進んでいると思います。
Q
A
(平成20年 神戸女学院中)の入試問題について、某大学の名誉教授でもある著名な評論家のI先生は、「こんなの答えられない。俺、神戸女学院は受からないな」と笑っておられました。答えは、A②、B②です。Bの解答の選択肢に、まるで歴史的事実のように「強制連行」とあるのは、今は措きましょう。しかし、Aの「正解」である柳寛順という人物を知っている日本人が、果たしてどれくらいいるでしょうか。 柳寛順とは日本統治時代の朝鮮における女性独立運動家で、18歳で獄死したとされ、韓国では「独立烈士」と呼ばれている人物です。この問題は”朝鮮のジャンヌ・ダルク”とでも言いたいのでしょうか。韓国の学校なら分からないでもありませんが、日本の中学校の入試問題とはとても思えません。神戸女学院中学は在日韓国人・朝鮮人の学校なのでしょうか。 (平成20年 フェリス女学院中)の答えはもちろん「伊藤博文」です。先頃、オランダのハーグで中国の習近平国家主席と韓国の朴槿恵大統領が会談した際、暗殺現場であるハルビンに建設された安重根記念館に関連して朴槿恵が「(中韓の)両国国民から尊敬される安重根義士」と言っていましたが、安重根を知っているのは世界でも日本人と韓国人だけで、一般の中国人は安重根のことなど全く知りません。 単なるテロリストに過ぎないその安重根を、この問題では親しげに「彼」と呼んでいます。一方、伊藤博文に対しては「彼が暗殺した日本人」、「この日本人」です。全く韓国人の視点から書かれているとしか思えません。
Q
A
チミも灘高、甲陽学院、 神戸女学院と使い分けるの大変ですねぇ。 78歳の老人が怒ってるよ。
Q
A
お返事がなかなかないようなので、卒業生(現在大学生)の保護者ですが・・。 服装は、男子がいないせいもあり、案外みんな地味な服装が多かったですよ。 登校が最寄りの駅から、ほとんど登山のような道になりますので、一番多いのはやはり、ジーパンにTシャツが多かったですよ。ただ、どこの学校のそうだと思いますが、一部に猛烈に派手なお嬢さんもおられました。ピンヒールにミニスカート、茶髪もおられましたね。しかし、保護者としてはそれほど気になるほどのことはなかったです。 基本的に学校案内以外にかかってくる費用は、その生徒さんがどのクラブに属しているかによって違ってくると思います。修学旅行の積立金があったかな?今はどうなっているのか知りませんが、そんなに高額では無かったと思います。 寄付金は、一応、毎年、一口20万円で受け付けていますが、うちは、払ったことは一度もありません。これは卒業後もずっと封筒が送られてきますが、娘自身がお金を稼ぐようになれば、自分の気持ちで行えばいいと思っていますので、 払ったことはありません。別にそれによって不利益を被ることはありませんよ。 とにかく、理系の弱い学校ですので、難関大学進学を目指すのなら、ダブルスクールは仕方がないなと思います。中等部の間は、数学だけとか英語だけといった単科の塾通いがおおいですが、高等部に進むと、それに加えて物理や化学に通っている生徒が多かったですね。当時は、医学部進学希望者が多かったので、入学と同時に鉄緑会に入塾する子も結構いました。近いので研伸館も多かったですが、高等部に進むと大手の予備校も(駿台・河合)多かったですね。 学校は、補修などもほとんどありませんし、土曜日もお休みですし、長期休暇が大学生並みに長いので、ダブルスクールはそれほどしんどいとは思っていませんでした。ただ、高校3年になるとかなりきつかったようですが。とにかく、進学指導もほとんどありませんし、学内模試もないし、大手予備校の模試を学校から受験することも当時はなかったので、学内順位は全然わかりません。なので、自分でやる気のある子には良い学校ですが、のほほんとしているとえらいことになる場合もありますので、要注意だと思いますよ。 今でも、体育祭の結果がメールでまわってきたり、同窓会も頻繁にありますし、同期同士のつながりは密ですよ。うちは、楽しい学生生活だったと言っていました。なにより、友人達がみんな尊敬できるすばらしい人たちばかりで、娘はすばらしい財産を得たと思っています。
Q
A
どちらも実績があります。 塾の入塾テストを受けましょう。 説明会も参加し決めましょう。 小6になると、女学院特訓が西宮北口の教室で特訓授業になります。 入塾時期は小3の2月からが一般的です。 間に合うかどうかは入塾時期とは関係ありません。 中学受験は早い時期から入塾すれば、難関校に合格できるものではありません。 小5からでも優秀なお子さんは合格します。 神戸女学院志望の場合、塾のクラスで、常に1番上のクラスに在籍し、小6で特訓クラスに選抜されていないと、受験は厳しいです。 最近は低学年からのクラスもあります。 小3から入塾する方もいます。
Q
中1女子です! 中学受験をしました。 そして神戸女学院から合格を頂いて、 今は神戸女学院に通っています。 その他にも私は甲南女子、土佐塾を 受け、全て受かったのですが、 土佐塾につ いてです。 小学校の時の塾の先生に、 「入試の雰囲気を体験したほうがいい」 と言われて受験したのですが、 やっぱり体験しといたほうが いいんでしょうか? 私は、土佐塾を受けたのにも関わらず、 あまり雰囲気を体験する意味が分りません。 一応妹も中学受験をする予定なのですが、 先生に言われたからと言って 受ける必要もないと思います。 こう考えるのは、私が入試で全く緊張しなかったのもあるとは思いますが… とりあえず、メリットを知りたいです!! 教えてください! 今まで書いてきた質問を優先していただきたいのですが、実はもう一つあって…。 自分の第一志望校じゃなくても、 特待生に選ばれて入学金○○万円免除 される場合、やっぱりそっちの学校に 通ったほうがいいですか?? 土佐塾がそういう学校なのですが。 私は迷わず神戸女学院を選びましたが、 何か知りたくて…笑 こっちはなんか知りたいだけなので、 一つ目の質問優先でお願いします! 二つ目は回答なくても大丈夫です。 長文失礼しました! あと、文章力なさすぎてすみません(_ _;) 神戸女学院生の全てが天才だとは 思わないでください笑
A
私も中学受験をして現在中3です。 私は日能研に通ってましたがそこでもやはり土佐塾などの試し受験をした方がイイと言われました。 メリットとしては ①受験に慣れる ②緊張しないように練習出来る ③1校でも合格をもらうコトで少し安心出来る ④自信がつく (土佐塾を落ちる子はあまりいないと思うのでw) 精一杯出してもこれくらいじゃないでしょうか?笑 私も緊張はあまりしない方ですし、12月によく行われるプレテスト(?たしかこんな名前だった気が。。w)にも進んで受けていたので試し受験はしませんでした。 結果行かないと分かっているのに受けるなんて受験料の無駄ですしねw 1つ1つのテストを意識して受けていれば試し受験は必要無いと思います。 特待生の話についてですが、これは親とよく話し合って決めるコトだと思います。 特待の学校に入ればまあ普通に成績上位で楽に過ごせるでしょう。 しかし自分よりも何ランクも下の子達と一緒に勉強しなければなりません。 勉強する環境は大事だと思いますよ。 まあ私立は普通よりたくさんのお金がかかりますし、親孝行と思い入学する方もいると思いますが。。 私の知っている人に関西女子1番といわれる私立中学(あえて名前は出しませんがw)に受かったのに特待生で全額免除となるためそこに入学した人もいました。 まあ人それぞれ考えはあるので参考までに。。
Q
A
高校からの募集はありません。 完全中高一貫校です。 追記 昔から高校の募集はないですよ。 高校入試がないので偏差値は出ません。 コネは無理ですが、帰国子女枠での編入、というのはあるようです。
Q
A
標準服もありません。 入学式や卒業式も私服です。 追記 中高ともないですよ。
Q
A
なんだかすごい表題がついていたので。 中学受験終了組です。 まわりを見ていると、いろいろです。 小1から奨学社へ通い、小4から希や浜へ入塾。 また、低学年は公立小でのびのびと過ごして、受験塾に入塾してみると意外と成績がよく、トップクラスから女学院特訓に選抜されて合格された方など、結局はそのお子さんしだいだとおもいますよ。 中学受験って親が「こうあってほしい」と思うようにはなかなかうまくいかないものです。 おそらく、順調に親の望むように受験できたご家庭は一握りだと思います。 ところで、インターエデュという教育サイトがあります。 そちらの関西地区の学校別掲示板に「神戸女学院」もありますよ。 ここよりエデュの方が情報が多いと思います。
関連性の高い学校
他の学校を検索
学校タイプ
男子校 女子校 共学
偏差値
偏差値指定なし
70以下 65以下 60以下 55以下 50以下
大学合格率
(東大+慶応現役合格率なども可能です)
東大 京大 東京工業大 一橋大
慶應 早稲田 上智 東京理科
明治 青山学院 立教 中央 法政
大学合格率ランキング | 東大・京大合格率早慶合格率 | お問い合わせ